ハメ地方 - フィンランド南部、レイクランドへのゲートでの休日

 

ハメ地方(カンタ-ハメ県、フィンランド語)は、フィンランド南部の中心に位置するヘルシンキ、タンペレ、ツルクから車でわずか1時間の距離にあります。ヘルシンキに到着する旅行者がフィンランドのレイクランド地域に足を踏み入れる際に、最初に訪問するエリアです。ハメ地方には3か所の都市地域擁し、興味深い文化的遺産や見事な自然遺産があります。ここへは電車、バスまたはレンタカーで簡単にアクセス可能です。


あまり知られていませんが、この地域はエキサイティングな体験、面白いイベント、歴史、物語や驚くべき発見の宝庫です。歴史的なハメ地方の全ての景観地区はお互いに近接しており、更に個人のツアーにも理想的です。

ハメ地方の豊かな歴史を探索したり、素晴らしい自然をエンジョイしたり、オールインクルーシブなサービス付きのシティの休日でリフレッシュできます!ハメーンリンナは、豊かな歴史、中世からの古城、インテリア・食器のデザインのイッタラ・デザインセンターで皆様を魅了し、フォルッサ地域では、その緑の公園、森林、古いレンガ造りの工場地域が皆様をうっとりさせ、リーヒマキでは、そのガラス吹き作り製法の伝統と産業遺産が大いに楽しませてくれることでしょう。この地域の絶景には、国民的風景で有名なアウランコトーロンスオリエスヤルヴィの壮大な国立公園もあります。

 

 

文化、自然、ウェルビーイング、そして現地の生活 - 全てがあなたの身近にあります

ハメ地方は、全ての年齢の、どんな興味を持つ人にも種々のユニークな観光スポットを提供しています。当地域の魅力的な中世の歴史について知識を深め、ユニークな博物館のコレクションを探訪したり、国を代表する美しいランドスケープをお楽しみいただけます。

ハメ地方は、フィンランドの国民的作曲家ジャン・シベリウスの生誕地であることで有名です。素晴らしいアウランコ自然保護区などのランドスケープは、時代を超越したシベリウスの作品に霊感を与えたと言われています。バナヤ湖の上にそびえ立つ、ハメ城は、フィンランドの中世文化を最もよく表しており、ご家族全員必見の場所です。旧オクセン街道(ハルカティエ)はハメ城を起点にトゥルク城まで続く中世の街道です。街道沿いには、素晴らしい景観、カフェ及び宿泊施設が多数あります。

リーヒマキのガラス産業と産業デザインの歴史を探索し、フォルッサの歴史的な紡績工場エリアの魅力的な小道を散策し、ヨキオイネン保存鉄道のトラックでのエキサイティングな機関車でのトロッコ旅行をエンジョイしたり、リエスヤルヴィやトーロンスオの国立公園の静寂な遊歩道や木道を散策し、息を呑むように美しいフィンランドの自然をエンジョイしていただけます。 

ハメ地方のレストランやカフェのメニューでは、地元産の食材、狩猟食材、魚介類を素材とする、最高のフィンランド料理を含む国際的な料理が特徴です。地域のペストリー、シベリウスペストリーは、1987年にフィンランド・シベリウス協会の要請により創作されました。この洗練されたペストリーはラズベリークリーム、チョコレートホイップクリーム、コニャックによる爽やかさが特徴です。レストランを選び、ハメ地方のユニークなグルメ体験をお楽しみください!レストランに関する情報は、このウェブサイト及びTripAdvisorに掲載されています。

ハメ地方は、ガラスデザインの豊かな伝統で知られています。現地でのブティック、職人たちやガラス吹き作りのスタジオを探索し、エキサイティングな発見をしたり、最大かつ最高にモダンなハーマンリンナのグッドマンのショッピングコンプレックスでのショッピングにお出かけください。ラシマキのイッタラは、非常にお手頃な価格で高品質の製品を見つけることができる、デザインアイテム探しの天国です。

 

フィンランド南部の中心地の休日、ストップオーバー

ハメ地域は、特にヘルシンキ及びヘルシンキ空港から車でわずか1時間、そのサウナはもちろん、本物のフィンランド、文化、自然、歴史を知るのに絶好の場所です。歴史的城址、絵のような自然、無数の湖沼、国立公園、歴史ある保存鉄道施設、博物館、最高のゴルフコース、そしてもちろん、有名な現地特産品やイベントなど、安らかで、リラックスした休日を過ごせることは受けあいです。

ハメ地域は、フィンランドの大都市や空港から車、電車、バスで簡単にアクセス可能です。ハメ地方の無数の自然遺産、文化遺産をエンジョイし、近隣地域や観光スポットへのツアーに参加できます。

短距離の移動で、気軽にこの地域での旅行やツアーをお楽しみいただけます。西部のフォルッサ地域には、息を呑むように美しい国立公園が2か所あり、南部のリーヒマキには豊かな産業の歴史、博物館及びガラス吹き作り工芸をがあります。北部にはハメーンリンナがあり、美しい自然や息を呑むほどの中世の歴史やハメ城が特徴です。

 

事実

 

 

ハメ地方の歴史概略

ハメ地方には、石器時代からの人間の居住地があります。この地域の最初の記述は、1042年にウラジミール王子により率いられた軍事探検に関するノヴゴロドの歴史書にあります。1200年代後半から、スウェーデン人により支配され、バーガー・ヤールのリーダーシップの下、ハメ地域に対して第2次スウェーデン十字軍と呼ばれる探検が実施されました。1300年代、ハメ地区はハメ城址を中心に展開した城塞都市の管轄下に組み込まれます。スウェーデンが1809年、フィンランドをロシアに割譲した時、ハメ地方もまたロシア支配下に置かれ、これは1918年まで継続しました。

 

 

観光スポット

ハメ地方は、全ての年齢の、どんな興味を持つ人にも種々のユニークな観光スポットを提供しています。

本地域は、フィンランドの国民的作曲家ジャン・シベリウスの生誕地として有名です。歴史あるハメーンリンナの中心でシベリウスが誕生した家を探索したり、不朽の名作フィンランディアを創造する際作曲家に霊感を与えたと言われるアウランコの険しく美しいランドスケープの虜になってください。

ハメ地方は、ハンティングや戦史愛好家の方々にたくさんの観光スポットやアクティビティも提供しています。軍事博物館のコレクションを探索したり、パローラ戦車博物館で軍事技術を研究したり、元帥の小屋でフィンランドのマンネルハイム元帥の狩猟用ロッジを訪れることもできます。フィンランド狩猟博物館のコレクションは、石器時代から現在までの狩猟の歴史に関する興味深い物語を紹介しています。

ハメ城ヨキオイネン保存鉄道フィンランドガラス博物館刑務所博物館及び素晴らしいリエスヤルヴィトーロンスオの国立公園が、ご家族全員に豊富な経験とアクティビティを提供します!ハメ地方へようこそ!

 

 

ハメ城

ハメ城はフィンランドの中世の城の一つです。正確な時期は不明ですが、13世紀末までには建設されており、スウェーデン十字軍との関連があります。この城についての最初の記載は1308年にまで遡ります。中世には、城塞はハメ地域のとても重要な行政の中心でした。今日、城のエリアでは、ハメ城博物館、刑務所博物館軍事博物館が名所です。

毎年ハメ城では、多くの展覧会やテーマイベントが開催され、最も有名なものはハメ城トーナメント、マスケティアーズ・デイ、ハメ城中世フェスティバルで、毎年8月に開催されています。息づく歴史を探索ください!

 

自然

リエスヤルヴィトーロンスオの国立公園は、ハメ地域の湖沼のランドスケープの多様性をエンジョイしていただける絶好の機会です。ハメ地方の貿易ルートである旧オクセン道のそばにあるハメ・ネイチャー・センターは、この地域の国立公園、ハイキングコース、観光スポットについての情報を提供しています。ハメーンリンナ(県庁所在地)の市内中心部から車でわずか5分のアウランコ自然保護区は、1世紀以上にわたり人気の旅行先です。ご家族全員でこの素晴らしい景色をお楽しみください!

無数の湖沼を擁するレイクランド地区の悠然とした自然がレジャーアクティビティの様々な機会を提供します。釣りをしたり、カヌーをレンタルしたり、クルーズボートのデッキから、美しい手付かずのランドスケープをエンジョイできます。  ホリディ向けコテージを借りると、手漕ぎボートを利用いただけることも少なくありません。

 

 

文化

ハメ地方は、芸術と歴史を愛する全ての方々にさまざまな体験を提供しています。フィンランドのガラス細工の歴史を探訪したり、中世の息吹を身近に感じたり、芸術と音楽の逸品を楽しんでいただけます。ジャン・シベリウスの生誕地、ハメ城、軍事博物館、刑務所博物館、フィンライドガラス博物館、パローラ戦車博物館、 ヨキオイネン保存鉄道、フィンライド狩猟博物館、マンネルハイム将軍の狩猟ロッジ「元帥の小屋」、受賞に輝くフォルッサ博物館、歴史のあるElävien kuvien teatteri映画シアターその他の多くの文化遺産が皆様をお待ちしています!

 

ウェルネスとアクティビティ

ティ―ラーキソ・ゴルフクラブは、ヘルシンキ、ツルク及びタンペレから車でわずか1時間、全てのゴルフ愛好家とプロの方々をお待ちしています。経験豊かなインストラクターの下、グリーンカードコースを修了するのに最適です。例えば、当エリアでは、フィンランドの唯一のPGAレベルのゴルフコースが特徴です。ハメーンリンナ付近には、リナ・ゴルフ場、アウランコ・ゴルフ場やタワスト・ゴルフ場などのいくつかのゴルフコースがあります。エーリッキラ体育大学認定の原野ガイドになったり、サミ・ヒーピア・アカデミーでのトレーニングコースやキャンプを通じ、サッカーのキャリアを積んだりできます。

国立自然公園では、徒歩、カヤック、SUPボードで現地自然ガイド付きの国立公園探索ができます。  更に、ガイドから野生のベリー類、キノコ、魚介類など、ハメ地方の自然の恵についての知識を教えてもらうことも可能です。

アクティブな一日の終わりには、サウナでのリラックスした一時をお楽しみください。どの滞在地にもこの施設が併設されています。

英語にて、ハメ地方の多様な観光スポットとサービスの詳細をご確認ください。

 

現地の生活

お腹が空いたり、のどが渇いたりすることは絶対ありません!地元のレストランやカフェのメニューには、全ての好みに合う、おいしいごちそうが用意されています。オーガニック、地元産の食材、狩猟食材や魚介類を使った現地の逸品をお試しいただけます。お食事をお楽しみください!

ハメ地方の村で現地の生活を体験したり、現地の人々と交流したりできます。多くの村では、旅行者向けのサービスも提供しています。

例えば、ハメ地方のオクセン街道沿いには多数の村落があり、自然の観光スポットや現地の住民の生活、村落、地元料理や歴史を探索しつつこの地域を巡る最高のルートです。